2月25日・26日と今シーズン初釣り&初ガイド・・。25日は気になっているポイントへ探索&ニジマス釣りに出掛けました。気温は朝6時で氷点下17℃(自宅)、ポイントへ到着して探索開始をしたものの水温5℃に満たない。川から湯気が上がっていました。今シーズンから、アングラーズデザインさんのサポートを受ける事になりネオプレーンウェーダーを早速使ってみました。
            フィッシャーズ協会 3910
靴底はフェルト&スパイク、川底をガッチリ捉えていい感じです。冷たい水もしっかりガード、早春の湖が楽しみです。ところで、釣果ですが・・・デコ!3時間ほどうろついて見ましたが魚影を確認することも出来ませんでした。ハッキリ言って寒すぎですよね。深みをそっと覗いたりしましたが・・・。
            フィッシャーズ協会 3909
また、機会を見つけてリベンジします。

26日は今シーズン初釧路川湿原カヌーフィッシングガイド、朝の気温は氷点下18度(自宅)、常連様のお二人をホテルへ迎えに行き塘路湖へ着いたのが朝8時。二人とも「ひぇ~~~・・・」。
出発地点でカヌーを下ろして準備を・・・、ダイヤモンドダストがキラキラ。とっても良く冷えてましたよ。
今日(26日)は、お客様の飛行機時間の都合もあり午前中が勝負、と言ってもこの寒さ・・レイクサイドの専務に13時ピックアップお願いしてスタート。
オジロワシやオオワシ、白鳥に丹頂鶴、それにエゾシカ、大歓迎(?)を受けながら下って行きました。常連様の二人も、「おお~~っ・・」、「デカ・・」、「綺麗だな・・」、などなど感激の様子でした。朝のうちはシャーベットが流れていて、ちょっと不安になりましたが、目標にしていた第一ポイントへ到着。「さぁ~て開始ですよ・・・」。今日のお客様はフライ&最近時々ルアー??の通称師匠&コムさん。
シャーベットの合間を縫いながら数投・・キタ!!
いい感じのファイト、まずは今シーズン初アメマスキャッチです。
              フィッシャーズ協会 3911
うれしそうな表情に見えるでしょ。実は手が凍りそうに冷たくて壊れているんです!「もっチャン、早くしてくれ・・。頼む・・。」某テレビショッピングの社長の様な甲高い声が大自然に響く。
この後、数分の間に二匹を追加、さすが師匠・・。隣のコムさん、「なんでやねん・・なんで・・何で釣れんの・・」。コムさんはバッキバキの関西人、口から出る関西弁はアイスバーンの様だ。違いはショットの重さでした。師匠が「これで大丈夫だよ・・イケルイケル」。「よっしゃ~~・・」、気合を入れなおして下りだす。
「この先左側、あの倒木の下辺りから流して見て・・」、「よっしゃ~~」。
コムさんの初ヒット!「おおっ・・おったでぇ~釣れんかったらカヌーにはもう乗らんかと思ったわ・・」。ってニコニコ。
「コムさん、写真・・ニコパチ!!」。「よっしゃ~」と言いつつグローブを脱いだ手がアメマスに近づいては離れる・・。「冷たい・・」。師匠が、「コムさん、それはアメマスに失礼とちゃうか・・」。「うう~っ」と言いながら優しく手中に。
              フィッシャーズ協会 3914
「よ~し、後はサイズあっだね・・」。実績のある大物ポイントへと急ぐ。北東の風がピュ~~っと顔をかすめ出した。「ひぇ~~・・でも楽しい~~」。実は、今日の目標サイズは70cmアップ!
二人とも手の凍えを耐えてニコパチを撮るのは目標サイズにと絞って気合を入れ直した。そして・・・。
              フィッシャーズ協会 3916
師匠が71cm!!この後数投でコムさん65cm!!
              フィッシャーズ協会 3918
数も二人合わせて2桁とGood!!
いよいよ始まりました。今度は4月ですね・・。お待ちしています。

この釣りは「釣らせ屋」オリジナルフィッシング!!
スポンサーサイト