上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.22 春の訪れ
3/21・塘路漁協の土佐 武さんと来月の打ち合わせと釧路川湿原カヌーフィッシング中流コースの調査釣行を・・・。
土佐さんと僕がそれぞれカヌーを操船して土佐さんの友人がそれぞれ一名乗船、ルアーフィッシングで探ってきました。
今年の冬は記録的な豪雪と見舞われた道東地区です。釧路湿原も例年にない積雪でしたがこの10日ほど春の陽気が進みかなり雪解けが進んでいました。河岸のネコヤナギも柔らかなフワッとした蕾を膨らませていました。塘路湖の氷も昨年に比べて随分と融けているように感じられます。流れ出しのアレキナイ川から出船しましたが、昨年の倍ぐらい広く開いています。
アレキナイ川を下り本流へと・・・。水色はほぼクリアー、水量もほど良い状態でしたがもう少し増えても良いぐらいでした。
今月早々にお客様と下ったコースですが、その時から比べると積雪は驚くほど減っていてあちらこちらから雪解け水が流れ込んでいました。気温はスタート時点では3℃ほどお昼前くらいから2℃ほど上がった感じでした。風もほとんどなく手足も凍えることがありませんでした。しかし、これだけ雪解け水が入り込むと気温が上がるのとは逆に水温は低い状態となり次第に活性は低くなるのがパターンです。この季節の僕のルアーでの釣り方はミノーの場合ドリフト後超スローでのリーリングでストップ&ゴー、スプーンの場合は18g以上のものを使ってタイトなアクションでのリフト&フォールで探っていきます。
IMG_1217.jpg
同行してくれた二人にも試してみてと伝えて釣果を確かめることに・・・。
IMG_4534.jpg
二人とも直ぐに感じを掴んだようで楽しんでいました。
土佐艇ではこんな大物もヒット&キャッチ!!
IMG_4536.jpg
ですが・・・案の定、暖かくなるにつれてアタリが遠のいていきました。
土佐さんといい感じで抜きつ抜かれつのドリフトフィッシング、悪天候にならない限り釣果は上向きとなるはずです。
鮭稚魚などの捕食対象魚が出てくればエキサイティングな釧路川湿原カヌーフィッシングを楽しむ事ができると思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。