上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月も中旬、時間を見つけては友人と尺ヤマメ狙いに・・・。
IMG_4873.jpg
一般的には30cmに達すれば尺と呼ばれていますが、正式には30.3cm。
IMG_4864.jpg
釧路近郊のヤマメはネイティブが多く、中々尺をキャッチする事ができない。僕は過去に2度しか尺をキャッチしていません。25cm~29cmまでは何度も経験してますが・・・。今年こそ30.3cmのヤマメをドライフライでキャッチしたいと頑張っていますが・・。
昨日も良く歩いた、本流の流れは重く圧しが強い。このポイントは川原が少なくウェーディングで歩くかブッシュを掻き分けながら歩くかのどちらか。楽しい釣りも、夏の暑い日は地獄となる。至福の時はお目当てのお魚をキャッチした時なのです。イオン水などを1.5ℓほど持って振り続ける。ライズも時折見つけますが、日中の釣りは流れと波を読んで叩き上がる。必然的にウェーディング中心。足を踏ん張り時にはウェーディングスタッフを使いながら流れに耐えるタフな釣りなのです。
IMG_4871.jpg

#5ロッドがベストかと思いますが、叩き上がりと言うことで僕は#3ロッドで楽しんでます。このポイントは、ヤマメのほかにイワナ・ニジマスなどもいて時折、流れの中で35cm~50cmアップのレインボーがヒットする事もあります。
IMG_4865.jpg

大型レインボーがヒットしたときは・・・祈るのみとなりますが、これもまた楽しい修行の一つです。プレゼンテーション・メンディング等々、僕はドライフライフィッシングのレベルアップには最高のゲームかと思っています。
今日は、次のためにタイイングです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。