FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.04.09 2018 始動!

冬期間の厳しい修行も何とか終了、間際にこじらせた風を引きずりつつも2018年度始動しました。


2018年も、釧路川湿原カヌーフィッシングからのスタート。8日予定のお客様でしたが、ご都合で15日に延期。「釣らせ屋」ガイドの林君とその友人と自分の3人で下見を兼ねて塘路湖~細岡間コースを探ってきました。出発地点の塘路湖は全面解氷となり、既にアングラーで賑わっていました。7時30分出船、林ガイドの友人S君はまだビギナーで林ガイドがアドバイス。出発早々に林ガイドがヒット、続いてS君が初ヒット&キャッチとナイスなスタートとなりました。オジロワシが睨みを利かす釧路川支流のアレキナイ川をゆったりと下りながら本流ポイントを目指します。今日の天気は、朝のうち風が無く快適ですが、10時ぐらいから南向きの風が吹き出して、午後からは10m越えと強くなる予報。南向きとは、下るにあたって、向かい風となり、強い風になると非常に釣りづらく状況となります。それにプラス、この時期の風は冷たく、寒さに拍車が掛かり尚更辛くなります。状況を予想して、15時30分細岡着を変更して14:00着に早めることにしました。本流に出て少しするとランガンで楽しむアングラーに出会い、「どうですかぁ~~」っと声を掛けてみる。「数は出てますよ・・もう20近く・・でも、サイズが50cmどまりぐらいです・・。」でも、数の20は凄い!「でも、サイズも50cmどまり・・」でも、ではなく。この方は強者ですよね!!

本流に出て林ガイドもS君も好調に楽しんでいる。ボチボチ自分も釣りたいなぁ~~とロングリップミノーをセット。悲劇はこの時から始まっていました。そもそもズボラな私です。リールは昨年使ったまま。洗ってはありますが、ラインもそのまま、スイベルも結んだまま状態。ラインはPE0.8でスイベルの結び目が何となく気になっていた。ラインを少し切って結び直した方が良いんだよな・・と思いつつ、何とかなるさのズボラ対応!過去に実績のあるポイントにもかかわらず・・・スローリトリーブ&ストップ&ゴーで探っていると、「ズド~~ン・・」。いきなりロッドは下流へと持っていかれ、リフトするのもままならない。

固く締めていたドラグが完全に仇になった。ドラグを緩めようとしましたが、水面で大きなヘッドシェイク・・・オサラバとなりました。これが、一回目のチョンボ!

気を取り直して下って行く。雰囲気のあるほとんどのポイントからは反応があり、林ガイドもS君も楽しんでいる。デカイお魚にはデカイ鈎が自論の自分、さっきのミノーは7cm程でしたが、今回は9cm程のシンキングミノーに・・・。キャストすること数回、ラインがよれて絡まっているではないか。その部分を手前に寄せて、ミノーは水中に放置。修復作業に取り掛かることに・・絡んでいる部分のラインが左手中指に絡みつきモゾモゾゴチャゴチャしていると、突然の衝撃と激痛???「イデェ~~ともげるぅう~~」。水面に浮かびあがってお魚もデカかった。右手でロッドをキープするも左手中指は首つり状態。PE0.8は容赦なく締め付ける。林ガイドに「ライン手繰ってくれ~~・・」。悲痛な自分とは裏腹に、人の不幸は蜜の味とばかりに笑いながらゆっくりとラインに手を伸ばす・・・。

お魚は逃げるし、中指は鬱血状態だし・・・。その他二度ヒットさせるもみんな逃げて行った。お魚釣りは油断してはダメですよ・・今更ながらですが!

それにしても、楽しかった。悔しかったし、痛かったし、自分の間抜けさも改めて思い知ったし、忘れる事の出来ない時間でした。始動日に経験できたことは、気合を入れて手を抜くなの戒めと心して今期のガイドに努めます。

ウェアー使用アイテム

Pazdesign インタフレータブルライフジャケット

Pazdesign BSフットハイウェーダー

Pazdesign ラジアルウェーディングシューズ

IMG_7161.jpg

IMG_7156.jpg

IMG_7164.jpg

IMG_7167.jpg


スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://turaseya.blog23.fc2.com/tb.php/911-9b33c11c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。