私のエリアの渓流シーズン本番を前に、仲間の協力を得て地道に下見をしています。(自分の釣り・・?)

やっとドライフライで楽しめるようになってきました。

室内作業の嫌いな僕でも楽しい気分でフライを巻けるシーズンです。(短時間ですが・・。)

イワナ・ヤマメ・ニジマス等綺麗なお魚が時を忘れさせてくれます。道東では、ヤマメは7月からの解禁となっていますので、7月迄はヤマメ狙いのガイドは出来ません。また、写真の掲載も致しません。

IMG_3109.jpg

私個人の趣味は、フライフィッシングですが、本来釣りはルアー・エサ・船釣り・投げ釣り等様々やります。ニューバージョンの釣り方は分らないものもあるかと思いますが・・・。


釣らせ屋は、釣りガイドでしてルアー・フライ・テンカラ・エサ釣り等、ポイント調べや、キャッチを目的としないお客様をご案内しています。

IMG_3122.jpg

シーズン中は、常連様のご予約や常連様のご紹介予約で混み合いがちで新規のお客様はタイミング次第となっております。申し訳ございません。


口先で、ごまかして・・・と言うより、そんなレベルのお客様はおりません。

IMG_3112.jpg

今年も、皆様に楽しんでいただける様、ポイント調査をしてまいりました。

昨年の台風被害の影響は甚大で、川は大きく変化しております。

毎年、雪解けの後は変わりますが、そんなレベルではありません。

只、それだけゲーム性も高く楽しめると思います。


新規拡大エリアも、美しいマス達が楽しい時間を演出してくれると思います。

地元アングラーがバックアップしてくれて皆様を歓迎してくれます。


桜も散り、いよいよ道東の楽しいシーズンが始まります。








2017.05.10 まずは一段落

早春のアメマスシーズンも、ほぼ終了です。と言っても、大物狙いの方々はもう少しという方も・・・。

ともあれ、春の釧路川湿原カヌーフィッシングもまずは一段落です。

IMG_6197.jpg IMG_6202.jpg IMG_6208.jpg

強風で中止にした日もありましたが、安全第一。これから釣りシーズンの本番です。

事故怪我無く楽しみましょう。

新釧路川のアメマスも、ほぼ終了といった感じです。これから動く大型魚もいますが、かなりハイリスかと思います。

IMG_3056.jpg

現在、随時渓流調査をしております。昨年の台風の影響で彼方此方ポイントが変わっています。私のエリア内のニジマスは、スポーニング直後で、ファイトを楽しむにはもう少し時間がかかりそうです。見ての通りサビも強く魚体も細いです。

IMG_3061.jpg IMG_3074.jpg

桜を見て山菜採りを楽しみながらの調査釣行ですが、私にとっては大事な季節。

IMG_3086.jpg


お客様に楽しんでいただける様、できるだけの情報を集めておきますね。




2017.04.26 大物は何処に

毎年このシーズンにお越しの常連様。今年こそは自身の記録更新をとお二人で来られました。

お客様が持つこの釣りでの記録は、アメマス75cm。そう簡単に更新できるサイズではありませんが、ここは釧路湿原。どんな大物が潜んでいるか分らないフィールドです。

IMG_6187.jpg

IMG_6189.jpg

それにしても寒い・・・。気温は2度、冷たい風がヒュ~~・・時折雨まで降る悪天候。

お魚の活性は悪くないもののサイズがでません。

60cm越えはあると思われたナイスサイズのお魚も目の前でオサラバ・・。

IMG_6192.jpg

何とも辛い修行の様な釣りでしたが、数は上々、楽しい時間でした。

来年もチャレンジしていただく予定です。

2017.04.19 恒例釣行

ここ数年、恒例となった早春アメマス釣行の皆様、今年もお越しで御座います。

初日は、解氷が間に合うかどうか不安だった塘路湖。皆様の執念とも言いましょうか、

前日まで厳しい状況でしたが、一晩で完全に開きました。

IMG_3003.jpg IMG_6180.jpgIMG_6185.jpg


厳しい風が通り抜ける中、振り続ける皆様。夕方近くに宿泊先の釧路へ移動、新釧路川の釣りへと・・・。

強風にさらされ、ちょっとしたアクシデントもあり初日の釣りは終了。

そして次のお楽しみは宴!

IMG_3005.jpg

行きつけの寿司処 五衛門さんで盛り上がり、翌日は通称泥の川へと向かいました。

ここでも強風に悩まされながらの釣りとなりましたが・・・。

IMG_3007.jpg

お昼を、道の駅コンキリでいただき夕方に備える皆様。

翌日は早朝から、塘路湖へと移動。毎年の事ながら、パワフルなご一行様で御座います。




2017年も釧路川湿原カヌーフィッシングからのスタートです。

春が駆け足で近づいている感じです。雪解けもすすみ福寿草やフキノトウもチラホラと見る事ができるようになりました。

この日はAM8:00スタート。釧路川の支流アレキナイ川を下り、釧路川本流に出てドリフトとアンカーリングを繰り返しながら探っていきます。お腹を空かしたフィッシュイーターがボチボチ鮭稚魚等の小魚を追い掛け回していると予測して、この釣りの常連様Sさんは、フローティングミノーを選択。僕は、リフト&フォールで中層から下をディープカッパー18gで探ることにしました。本流に出て20分程経った頃、「Sさん、この辺から出てくれると後が楽なんだよね・・」。なんて言いながらミノーで探ってもらうと!

「キタっ・・」Sさんの雄叫び。嬉しいファーストヒットでした。

要所要所、チェックポイントを攻めていくと・・・チェイスやヒットと数釣りモード。

Bigワンを期待しましたが、最大でも45~6cmと言ったところでした。

IMG_6177.jpg

Sさんの選択したフローティングミノーは大当たり、カラー・サイズ様々なフローティングミノーを試しましたが、どれでも良い釣果を得られました。キャッチ数は20匹を超えたと思います。

底を探っていた僕は、ワンチェスのみ。終盤、僕も今季初ヒットをとミノーにチェンジ。いきなりのヒット!

この日はミノーの当たり日となりました。